雄郡小学校日記

子規さん賞

子規さん賞の紹介と表彰がありました。

 

今回も子規さん賞にふさわしい素晴らしい作品が表彰されました。

 

1年 きものきてもみじとわたしおなじいろ

2年 ふくらんだほっぺのなかみぶどう二こ

3年 とんぼたち音ぷのようにはねている

4年 青空に空飛び回る赤とんぼ

5年 秋晴れに天晴れ青組優勝だ

6年 絹雲やヒロシマの空が去った青

若葉 くりごはんほくほくあまいとまらない

 

 

 

スポレク綱引きの部に出場しました!

11月11日(日)、本校体育館でスポレク綱引きの部が開催されました。

本校からは5チームの参加です。参加チームは、

「雄郡TCストロング」、「雄郡TCパワーズ」、「雄郡TCタマシイ」

「雄郡TCブレイブ」、「雄郡TCキズナ」です。

 

3チームが決勝トーナメントに出場しました。

決勝は「雄郡TCストロング」対「雄郡TCパワーズ」となり

雄郡対決の結果、「雄郡TCストロング」の優勝となりました。

 

3位決定戦は、「雄郡TCタマシイ」対「宇和町Max」。

当初「宇和町Max」に押され気味でしたが、最期に大逆転勝利!

開場が大盛り上がりでした。

 

参加した選手の皆さん、よくがんばりましたにっこり

東京シティ・バレエ団が雄郡小学校にやってきた!

 文化芸術による子供の育成事業として、東京シティ・バレエ団が公演に来て下さいました。音響や照明、舞台のセット等、6年生も準備のお手伝いをし、体育館とは信じられないほどの見事な会場が完成しました。

 言葉ではなく表情や身体の動きで表現するバレエ。第一部では、クラシックバレエの練習風景と共に、様々なパントマイムを教えていただき、代表の6年生もダンサーの方々と一緒に実演しました。一つ一つのパントマイムをつなげて、最後には男女のやりとりをとても上手に表現していました。

 第2部では、『コッペリア』より実際に演技を披露していただきました。本物の迫力あるバレエを生で見ることができ、会場全体が感動に包まれました。6年生も後方のS席に座って公演を楽しみ、ユニークな表情や動きに笑いが起きたり、見事な技の数々に歓声や拍手が起きたりしていました。

 そして第3部では、エンディングの一部になんと代表の6年生2名も出演しました。2人とも衣装がばっちり似合っていて、とても輝いていました。

 公演を通して、プロ中のプロで本当に上手な人たちでも、基本練習を欠かさず日々努力し続けていること、ダンサーの方々はもちろん舞台裏のスタッフのみなさんの活躍があるからこそこんなにも素晴らしい公演ができるのだということが分かりました。今回の体験で、バレエに興味を持ち始めた子もおり、これから夢に向かって歩んでいくパワーになったようです。東京シティ・バレエ団のみなさん、本当にありがとうございました。

 

校長先生の授業!

2・3校時に校長先生自ら、4年2組で国語の授業をされました。

校長先生は長年国語科の研究をされ、多くの研究授業を行ったり、論文を書かれたりしています。

今日は先生たちで参観です!

教材は「ごんぎつね」です。

「ごんぎつね」は、独りぼっちのごんが、同じ境遇と感じた兵十に一方的な共感・同情を寄せ、道化師的な親切やつぐないを行い、最後に兵十の勘違いから撃たれ死んでしまう、という話です。

物語の読みを通して、こどもたちは早速人間関係の切なさや心の機微を感得していたようです。

さすが校長先生と4年2組の子どもたち!

大学院生のT先生もとても勉強になったようです。